ブリッジを後悔したが、今は平気

かれこれ30年ほど前の話で恐縮です。かねてより虫歯になっていた左の奥歯は、詰め物が外れては被せるを繰り返して、歯茎から出ている部分が少なくなってきていました。当時、まだ若かった私は、しばしばこの左の奥歯に悩まされており、何度も歯医者に通っていました。ある時、医者が「これ以上削ると被せられなくなる」と言ったのですが、その治療の際も、なんとなく葉の根っこのほうで鈍い感覚が残っていたのです。私の短気な性格から、とにかく何とかしたいと思い、医者に「抜いてくまってください」と言ってしまいました。医者は、とりあえず残した方が良いといいましたが、私は勢いで、抜いてもらうことを決断しました。抜いたあとはブリッジを被せました。しばらくするとブリッジは少しずつ身体に馴染み、それ自体は何とも思わなくなりました。しかしながら、本来あるべき歯を抜いてしまい、ブリッジの付近をブラッシングするたびに、そのことについては、長い間ずっと後悔をしていました。さて、最近になってふと気づいたのですが、そういえば私は奥歯を抜いてブリッジを被せてました。実はそのことすら忘れてしまうほど違和感はありません。今、鏡をみたり触ったりしてみないと、右だったか左だったかすら判らなくなってしまいました。歯を抜いたことを後悔し、ブリッジに不安を抱いていたあの頃の感覚を、今はすっかり忘れてしまってます。